HomePageに飛ぶ愛犬Pageに飛ぶ旅行Pageに飛ぶ散歩Pageに飛ぶdachs飼主Pageに飛ぶ趣味Pageに飛ぶ顧客対応Pageに飛ぶ予備Pageに飛ぶ

2006 年 10 月 のアーカイブ

遅れのリカバリー

2006 年 10 月 31 日 火曜日

今日はめでたいハロウィンパーティーだぁ テニスの仲間が火曜日の夜集まると、話がどうしても長くなる。某彼女が先週月火の雨降りでカサを間違えた話で盛り上がり、Dachs飼主が独り住まいで近所の安い焼肉屋『七輪』で内臓肉を食べた話、・・・あっと気がつくともう1時間も話している。明日明後日、会社なのに・・・・。 今日はハロウィンだ・・・。
 先週の月曜火曜と言えば大雨が降って通勤に困った。最近通勤電車の遅れが恒常化しており、常時3,4分以上の小さな遅れが出ている。
電車がs遅れるとイライラする  昔は省線と言っていた日本国有鉄道、今のJRは3,4分程度の後れは30分~1時間の運転の間にトラブル無ければ殆どリカバーしていたが、最近のJRも私鉄も遅れを取り戻すことはまずしないようだ。あせって事故を起こすと大変なことになるので、厳しく制限されているのだろう。
 しかし、3,4分程度なら常識的にもそんなに過密運転じゃないのだからなんとかしてほしいと思う。そして、駅に着くたびに「何々のせいで、3分遅れ、申し訳ありません」としつこいほど同じ言葉の繰り返し・・・。おまけに私鉄がつながってる線でも5分も遅れれば、連絡はできませんといつも接続している電車でも冷たく発車してしまう。
 バスも同じである。3,4分くらい電車が遅れると15分に1本しか来ないばすなら待っていて呉れれば良いと思うのに、冷たく時間が来ると出て行ってしまう。市営バスなら市民の足を考えてくれるのだろうが、私鉄バスは何人乗せるというノルマもないので、電車が遅れているのを知っていながら、改札から走ってくる人を横目で見ながら発車する。
ちょっとばかり、頭に来る話である。先週の火曜日の大雨で同じ目に遭ったDachs飼主は腹がたったが、しょうがなしにタクシーで帰宅。10分も歩くとあの降りようではパンツまでびしょ濡れてしまう。
  

ビールに新蕎麦

2006 年 10 月 30 日 月曜日

新蕎麦 新蕎麦が出始めたそうだ。昔は、お酒の後、最寄駅まで戻ったあとに屋台のラーメンを食べていた。しかし、歳を考えると、死を早めるばかりだと考え直しラーメンはだいぶ前から辞めている。昼間もラーメンのつゆはとても美味しいのはわかってるが、飲んでしまわないよう我慢している。(我慢するストレスはたまるが、健康には変えられない)
 今日から新しい仕事で、懸命にしていたら普段より帰宅時間が遅くなり、チト小腹が空いたので、、”新蕎麦”と紙が貼ってある蕎麦屋にふらふらと誘われて、 恵比寿ビールを飲んだあとざる蕎麦を戴いた。ビールと蕎麦は後口が爽やかで思いのほか良く合う。会社で残っている若人も誘えば良かった・・・(こんな酔っ払い親爺に付いてきてくれるかどうか?だが)
 一人酒は滅多にやらず、今日は2,3本で僅か30分程度しか居なかったが、熱中した仕事の後は独りでも酒肴が旨く感じる。

迷惑スパム

2006 年 10 月 29 日 日曜日

 毎日のようにたくさんの迷惑メールが来る。殆どが飢えた人妻からの誘い(ダマシ)系が多いのだが、これは私一人のメールボックスなので、片っ端から削除すれば事足りる。迷惑メール対策はフリーソフトで「英文のみ」やスパム文字「無料 人妻 素人娘 ビデオ ・・・」などの文字が入っていると削除するような単純なことしかできていない。知人のメールアドレスがあれば特定のフォルダーに入れているが所謂誰かわからぬ受信トレィ(トップフォルダー)は殆ど無条件に削除するものばかり・・・・。
 HPにある画像掲示板にも海外からスパム掲示が今年になって激しくなってきた。外国系はアダルトなものはむしろ珍しいのでエゲツナイ画像はないので安心だが、日本のスパム掲示も侵入の兆しが見えてきた。掲示板に書き込みがあると基本的に同報で携帯にもデータを受け取れるようにしているが、即座に削除できないときもある。今日は画像掲示板のソフトに少し手を加え、パスワードを入れないと書き込みが出来ないように変更した。書き込みの人には少々面倒をかけるが、いたしかたなし。

北総ウォーク

2006 年 10 月 28 日 土曜日

今日貰ってきた景品  昨年秋に行ったパートⅠでの長楽寺ー西輪寺ー来迎寺、今春に行ったパートⅡでの延命寺、そして秋晴れの今日、平成18年10月28日に第15回北総ウォーク白井七福神パートⅢでは薬王寺ー秋本寺ー佛法寺を廻る。
 最寄り駅から一駅の小室駅がスタートでもう一つ先の白井駅までの14Kmがゴール地点になる。最寄り駅から一駅先と言っても5Km以上あり、電車賃も300円もする。北総鉄道は国内で最高クラスの運賃だが、高架と地下を走っているので、踏み切りが一切無いのが自慢だ。午前9時半に駅を出発し、駅沿いに歩いてゆくと程なく、「弁財天」を祀る薬王寺が見えてくる。弁才天は意外に小さく坐像の高さは40センチ程度だった。ココを出るとすぐ「フナカン」への分岐路になるが、ここを右に歩いてゆくと、我が家まで徒歩で帰れる。案内に無かった宗像神社が見えたので覗いてみたが、参道の途中に注連縄が張ってあり、先に進めなかったので引き返す。
 ここから神崎川の川沿いを2キロ弱歩くのだが、靴が快適だった。いつもアスファルトやタイル、コンクリートの道を長く歩くと足に負担がとても大きく感じるが、土と草に覆われた道はとてもソフトで足の進みがとても快く感じられる。久しぶりにウォークの快適さが感じられ、嬉しかった。土の道は乾燥すると風で埃や雨がふると靴がめり込んで良いことが無いのだが、草などが生えているとそういう悪条件下でも快適になる。 右側に流れる川も思いのほか綺麗で、魚も棲んでいるようだ。
 途中高橋植物園で、パンジーの小鉢をプレゼントされた。300鉢限定だったが、あと5,6人分しかないようだった。
 白井市民の森で秋を楽しみながらまだまだ続く土の道を快適に歩いてゆくと、秋本寺。秋本寺を出ると梨の収穫が終わった梨畑が多い。瓜の赤い実や栗の実が落ちており、いよいよ秋も本番。途中白井市役所の市民祭をちょっと見て、あとは佛法寺の寿老人を見たら、白井駅のゴールに午後1時過ぎに無事到着。記念の完歩証のほか、事務局の方から、北総鉄道タオルや、都心直通15周年青色軍手、北総ウォーク記念ピンバッジ、温泉の素、気になる野菜、ケーキ、SOYJOYなどいろいろ小物を頂戴した。
 最寄の千葉ニュータウン中央駅に降りて、駅近くのカレー専門店でキーマカレーを食べた。ナンがでっかくて、豪快に食べられるので、食が愉しい。ついでにインド産のマハラジャビールを飲んで、インド紅茶を飲む。昔、紅茶と言えばセイロン紅茶が有名だったが最近はアッサムなどで作られるミルクティ『チャイ』が有名になっている。駅までの帰り道、ビジネス街の写真を数枚撮ってみた。今回はとっても気持ちの良いウォークだった。
 詳細は北総ウォーク白井七福神Ⅲにサイトアップした。

サリーも三歳

2006 年 10 月 27 日 金曜日

サリーも3歳になりました
 今夜は帰りに近所で飲み会あるので、先に書いておこう。先週17日、ウリエルの3歳の誕生日だったが、ラミエルの赤ちゃんとして3匹産まれた仔のうち、今は関西方面に引っ越したサリーちゃんの写真(飼主はベストショットと明言されていた  )を携帯で添付してもらった。やはりウリエルにそっくりで微笑ましい。3歳はもう犬では大人であり、この頃のラミがサリーやウリエルを産んだ。でもこの顔を見ているとあどけない。
 今日は今年300日目、もう2月ちょいでお正月ですなぁ・・・ Dachs飼主にとってはいよいよ還暦の歳であり、えとも犬から猪にかわります。

ソフトバンクの携帯

2006 年 10 月 26 日 木曜日

欲しいのはコレです j-phoneが2003年にvodaphoneに代わり、3年後の今月からSoftBankに変わった。先日からX01-HTなるスマートフォンに買う気マンマンだが、価格と月額使用料金が気になり、買い控えている。しかし、今日ソフトバンクから新規継続いずれも本体価格0円(但し、2年内の解約は違約金発生)となり、月額使用料だけが懸念材料。本体価格については、一部を除き、本日以降ソフトバンク3G携帯は予想外割引価格0円になっているらしい。
 割引や~放題、~定額など携帯業界には理解のし辛い言葉や概念が多い。機種ごとにあるいは家族ごとに具体的な事例で示してくれないとわからない。割引だけでも(年間割引/自分割引/長期利用割引/家族割引/指定割引/自宅割引/キッズ・シニア割引/学生割引/ハートフレンド割引)と多くそれ以外に(ゴールド/オレンジ/ブルー)プランやスーパーボーナス・・・・とよくわからぬ制度が山のごとくある。概念がはっきりわからない制度は直接お金に響いてくるので、その実行時には、お客様から相当の苦情(こんな筈じゃナカッタ)が予想される?
いずれにしてもdocomoやauも対抗策やソフトバンクの悪口で年末くらいまでは泥沼の決戦になるやもしれない。Dachs飼主も年内は少し落ちついて考えてみて、年明けに購入の可否を判断したい。

40万アクセス突破

2006 年 10 月 25 日 水曜日

遠藤周作とチョコレート 昨夜遅くまで強く降り続いていた雨が止み、今週初めて自転車で駅まで走った。今まで娘が共用できるよう、サドルをかなり下げていたが、今朝は気持ちよいので一番上まで上げて運転したら、とても快適でスピードもでた。サドルが低いと座ったままでは急な坂が上がりきれない。
 昨夜遅く我がHPのアクセス累計が40万件を突破した。7ヶ月で5万件のペースだ。これとは直接関連はないが先日図書館に行った時に借りた本がこの写真の「10頁だけ読んでごらんなさい。10頁たって飽いたらこの本を捨てて下さって宜しい」。遠藤周作が逝かれてはや10年になるがこのほど、昭和35年に書いた原稿がでてきて、先日発刊されたばかりという。コミカルな本かと思って読んだが、中身は「手紙の書き方」であり、ラブレターの書き方や友達にあてて書く手紙の作法を丁寧にしたためてある。40年以上前とは思えないほど、斬新な書き方で、一部映画のチケットが1枚200円など時代を感じさせる表現はあるものの、このeメール・ブログ時代でも十分通用する。今でも決して古さをかんじさせない、感動と共感をもって読むことが出来た。彼が文章作成修行でやってきた方法として勧めている方法が『ようなゲーム』である。例えば、「大きな太陽が屋根の向こうに()のように沈んでいく」という文章で、()の中に自分の言葉を入れるゲームである。作家は例えば春の夕方なら(大きな杏の熟れたように)や(赤くうるんだ硝子球のように)のような自分の言葉で表現することができる。このような訓練を電車に乗ってるときや歩いてるときにいろいろ考え訓練すると人に感動または共感を呼ぶ文章がかけるという。
 Dachs飼主も4年近く毎日日記を書いているが、ワンパターンな書き方が多いと反省できた。しかし、毎日書いていてもなかなか直らない。このブログなど私のHPをよくみていただいてる方には解かると思いますが、私の書き癖は『文章を一気に長く書いてしまう。 それゆえ、文体は ~~だが、~~である。』調の言い訳含みのだらだら長文が比較的多い。なるべく、落ち着いて一文づつ分けて書こうとは思うが、なかなか性格が「あせりやすい」ので、この書き方は直りようがない。今日は、ジムでエアロバイクを踏みながらながらゲームを考えようとしたが、肝心の問題を作る時から大きく悩んでそれ以上先に進めなかった。
 今日は定時退社の日なので、有楽町の西武百貨店のベルギーチョコレートのお店「Galler」に行ってきた。先週の金曜日に飲みに行ったとき、右側の写真の子(以前会社に勤めていた)がこのお店に勤めていると聞いてたので、チョコレートも食べたくなって帰り途に行ってきた。生憎、目当ての彼女は公休でいなかったが、店員さんが丁寧に選んでくれ、彼女の話題も盛り込んでくれ、楽しいショッピングだった。左側の袋にチョコ20個が入っている。

 

トイレの本

2006 年 10 月 24 日 火曜日
 今日も雨で昨日に比べるとさらに肌寒い。これからの寒さを予感させる日和である。
 図書館で借りてきた本で面白いものがあった。レンタルのニッケンが出している『トイレの本』。そのものズバリである。本の内容は、歴史、世界の事情、都心の見所、流れたモノの行方、など想像していたことが深く掘り下げて書いてあり、興味深かった。印象に残ったのは「和式と洋式の差」。
 すべて解説は省くが、比較論として和式で良いのは「踏んばれる」「おつりが来ない」「健康状態が見える」「肌不接触で衛生的」洋式では「匂いが少ない」「蓋がある」「自然で楽な姿勢」「汚物付着少ない」などがあげられていた。
ひとつひとつもっともなことで、公衆トイレしかないが、Dachs飼主は基本的には和式派である。自宅の2階だけでも、和式にして貰いたいが、メーカーもあまり乗り気でないらしい。朝顔が望めない以上、男性は小は洋式、もう一方は和式のほうが良い。以前トイレの蓋の開閉の是非と男女問題で書いたことがあるが、蓋の無い和式が断然良い。わが旧ブ
ログ
で言葉「トイレ」でワード検索したら、その出現回数はナント40件近くもあった。それだけ、日常生活に密着した話題ではある。

雨の乗り合いバス

2006 年 10 月 23 日 月曜日

夜間バスの運転は難しい 昨日夕方から降り始めた雨が今日も続いている。昼間止んでるときもあったが、予報では明日も降り続くらしい。2週間以上晴れていたので、湿っぽくて良いかも知れない。Dachs飼主は今週金曜までツレアイ不在なので、駅まで自転車通勤をしているが、今朝はカサを差して自転車に乗れる降りようではなかった。停留所6:32発のバスで最寄り駅まで大回りして約10分(マイカー通勤だとドアTO駅ホームまで4分)かかる。 朝は時間帯もあり座れたが、帰りのバスは満員御礼で普段がらがらバスが大賑わい。夜の乗り合いバスには久しぶりだ。雨が降ってると、外はところどころ街灯の光が窓ガラスに時々にじむが、それ以外は真っ暗で、どの辺を走ってるのか殆ど判らない。特に窓ガラスは雨粒が光り、にじむので、殆ど外が見えず、この現代社会で雨の夜だけは、30年代の夜の風景に似てるなと感じた。普段通るルートではないので、停留所の名前をアナウンスされてもどの辺か真剣に考えた。たまにしか行かない友人の家などに雨の夜行くと多分たいへん不安になるだろうな というようなことを身をもって実感できた。プロのドライバーとして、左右前後の車や鋪道上の人の動き、さらに車内の乗り降り状況もキチンと掌握して、安全運行に頑張っている運転士はすごいなぁとも バスの乗りながら考えていた。

ジムでゆっくり

2006 年 10 月 22 日 日曜日

プールで運動も以外にエネルギーを使います 午前中に昨日の京成ウォークの書き残したことや、全体的なまとめをした。平成15年頃から沿線ウォークをはじめたが、早いもので、春25コース、夏10コース、秋23コース、冬9コースの合計60コース以上を回り、稚拙な写真ばかりだが、4年間で、2000枚近くサイトアップしてきた。今月は来週土曜日、11月は2回のウォーキングに参加予定。今月14日の京急ウォークと来月11日の新京成健康ウォークは日程が他のイベントと重なって行けない。暫くは『スポーツする』『食べながら飲む』『昼はしっかり仕事する』ことを念頭に毎日をそれなりに愉しみたい。来週の飲む約束2件は反故にできない。
 来月になると忘年会の前哨戦も始まるし、午後は体調維持の為、ジムにゆっくりと浸かる。筋トレ、エアロバイクに加え、今日はプールにも1時間ほど入って、水中エアロビのようなレッスンを教えてもらった。結構体を使うので、最後のお風呂が前日のウォーク後のように、気持ちよい。結局3時間以上ジムに入り浸った。