HomePageに飛ぶ愛犬Pageに飛ぶ旅行Pageに飛ぶ散歩Pageに飛ぶdachs飼主Pageに飛ぶ趣味Pageに飛ぶ顧客対応Pageに飛ぶ予備Pageに飛ぶ

参議院選挙

 今日は3年毎恒例の参議院議員選挙の投票日。今朝07:03発の電車で最寄駅を出発したので、投票に行けず、午後7時半に帰宅後、近くの小学校まで急いで駆けつける。参議院の選挙も比例代表制は支持政党名を書かずに個人名を書いてもらうよう訴える人ばかりなので、Dachs飼主も候補者名を記述してきた。投票率は若干あがった程度らしいが、これでは新しい風が吹かないのではないかと心配している。年金とスキャンダルに対し説得力のある解決策を提示しなかった「アブ内閣」も風前の灯火とマスコミから叩かれているが、野党第1党が根拠のしっかりしないマニフェストではどちらもどちらである。得票をただ増やす為にだけの根拠の無い主張では、これからの政治をしっかりと預けられないことはわかっているのだが、今は『なんとか政治を変えたい 替わって欲しい』と思う人々が多いと思うのはDachs飼主だけだろうか?
 先程まで出口調査を見ていたが、自民大激震のようだ。
今夜は遅くまで起きていなければならない・・・ようだ

コメント / トラックバック 3 件

  1. くま より:

    私も某小学校で滑り込み投票してきました!

  2. はらしょ より:

    アブナイカクとは、なかなか云いえて妙ですね。

    今回の参議院選は、どうにも情報が少なくて、土日と新聞をひっくり返して調べました。
    一回も候補者の姿も見ない、声も聞かない、判断材料の乏しい選挙と思ったのは私だけでしょうか。
    与党が『実績』を強調するのも、どうかと思いました。
    あの『実績』は殆ど『強行採決』、あ~あ。

  3. Dachs飼主 より:

    くまさん、
     締め切り間際の投票、開票結果と結びつきましたか?

    はらしょさん、
     数を恃んだ(たのんだ)手段は、今回のような反撃に出逢います。あべさん、ノロノロしてると、衆議院にもその流れが向いそうです。